トップページ > 子供の教育費について色々と説明したい
子供の教育費について色々と説明したい

"子供の教育費は、子供が小学生くらいまでは月で計算するとそんなにかかっていないように感じるが、実際は意外とかかっていることが多い。

幼稚園から計算すると、私立の幼稚園へ行った場合、月謝が4万円×12カ月×3年=144万円
それ以外に制服など身につけるものの費用もかかる。

小学校では習い事をするようになる。
公立の小学校へ行った場合、スイミング、そろばんの2つに通った場合、
月謝が(6千円+6千円)×12カ月×6年=864千円
小学校への支払(給食費等)、毎月5千円×12カ月×6年=360千円
それ以外に修学旅行費等がかかる。
小学校は制服がないが被服費がかかる。

中学では学習塾へ行くようになる。
公立の中学校へ行った場合、塾の月謝が3万円×12カ月×3年=108万円
これ以外に季節講習費がかかる。
中学校への支払(給食費等)、毎月1万円×12カ月×3年=36万円
それ以外に制服など身につけるものの費用や修学旅行費等がかかる。

高校は都立高校へ行った場合、授業料は免除だが積立金や教科書代がかかる。
年12万円×3年=36万円
それ以外に制服など身につけるものの費用や修学旅行費等がかかる。
塾にももちろん行くので、月謝が5万円×12カ月×3年=180万円
これ以外に季節講習費がかかる。

多分一番少なく見積もっているが、ざっと見ても1000万はかかるという計算になる。
そして一番やっかいなのが大学!

一発で受かってくれればいいが浪人すれば1年分の予備校代を見なければいけない。
現役で国公立に合格したとして、初年度100万円、次年度以降の学費が60万円×3年=180万円
学部によっても差が出るが、大学で最低限の計算として+280万円

幼稚園から大学卒業までの教育費として、最低でも1280万円は用意しておく必要があるということだ。
子供が二人以上いれば人数分!

親になるということはお金がかかるということですね。
子供は親に感謝しなければね。

"

当サイトでアクセス多い人気情報一覧
関連エントリー

おすすめPICK UP!!
人気の保険会社一覧
保険のマメ知識
マネーの知識
リンク集
サイト情報
Copyright (C) 口コミでも人気の学資保険ランキング比較. All rights reserved