トップページ > 学資保険は貯蓄性の高いものが◎
学資保険は貯蓄性の高いものが◎

"第一生命の学資保険MICKYに加入していました。
義姉が第一生命の外交を始めたときに勧められ、そのまま加入しました。

第一生命の学資保険は、保険機能が付加されているため貯蓄率が低く、満期時の払戻金が掛け金を下回ってしまいます。

現在、子供は医療費・入院費ともに無料なので医療保険に加入する必要性を感じていません。
今後、医療費や入院費がかかるようになったとしても医療保険は県民共済などに加入しようと思っています。
また、主人の医療保険にオプションとして子供特約を付帯することも可能です。

学資保険は純粋に進学資金として貯蓄したいので、掛け金より払戻金が少ない保険に加入するメリットがありません。

数年前、義姉が第一生命を退職したことを機にMICKYは解約しました。
もちろん途中解約ですのでそれなりの損は出ましたが、加入年月も短かったので損は少なかったです。

ソニー生命の学資保険ですと満期払戻金は掛け金を上回っています。
また三井住友海上の年金保険を主人にかけることにより学資保険を貯めることも可能と聞きました。

結局、我が家では三井住友海上に加入し子供たちが18歳になったころに満期になるよう設定しました。

一般の学資保険は高校卒業時などに満期になる設定らしく大学資金が間に合わないということもあると聞きました。

学資保険は貯蓄性の高いものの方がいいと思います。"

当サイトでアクセス多い人気情報一覧
関連エントリー

おすすめPICK UP!!
人気の保険会社一覧
保険のマメ知識
マネーの知識
リンク集
サイト情報
Copyright (C) 口コミでも人気の学資保険ランキング比較. All rights reserved