我が家の子供にぴったりの学資保険を見つけよう!
こどもの保険を真剣に考える

アナタの大事なお子さんを学資保険でしっかりと守っていきましょう!当サイトでは雑誌や口コミで評判が高い人気の学資保険を特集しています。こども保険を選ぶうえで少しでも参考になれば幸いです。

当サイトでアクセス多い人気情報一覧
厚生年金の有難さ

20代初めのころはアルバイトだったので国民年金だった。 そのときは年金って滞納したりしてあまり有難さを感じていなかった。 同じ年頃の周りの人たちも、いつか崩壊する制度だから払うだけ損だよなんて言っていた。 わたしもまだ若いっていうのもあって、老後を考えるより今を楽しむためにお金を使おうと、滞納することに対して深く考えていなかった。 そのうち正社員で働くようになって、厚生年金に入った。 そして今30半ばになってその有難さに気付く。 年金事務所から1年に1回、誕生日の月に送られてくる封筒。 それがすごくリアルに金額が書いてあって老後をしかと想像させるのだ。 厚生年金は自動的に国民年金にも加入していることになるので、ダブルで年金に入っていることになる。 国民年金だけでは年間微々たる金額しかもらえないが、厚生年金だとそれより多くもらえるのだ。 そういうこと事態、封筒を送られてくるようになってから知った。 興味を持つようになった。 個人年金もあるが掛け金が高い。 国民年金だけじゃ老後の生活は送れないし。 厚生年金加入はこの先転職するとしても絶対条件だなぁって思う。

特別支給の老齢厚生年金

厚生年金には、特別支給の老齢厚生年金があるということでしたが、特別支給の老齢厚生年金とはどのようなものか調べてみました。 その結果、特別支給の老齢厚生年金は、65歳になる前から支給される老齢厚生年金のことですということでした。 なお、本来、年金は65歳から支給されるものですが、しばらくの間は、特別に、65歳になる前からも支給されていますということでした。 また、特別支給の老齢厚生年金は、定額部分と報酬比例部分の2種類がありますということでした。 また、65歳になってからもらう年金は、特別支給ではなくて、定額部分が老齢基礎年金として支給され、報酬比例部分が老齢厚生年金として支給されることになりますということでした。

65歳から年金が受給できます。

年金を受け取れるのは、原則として65歳からとなっています。現在年金を払っている人のほとんどは改正後のほうが適用されて、65歳からになると思います。改正前は60歳から受け取ることができていたらしく、そうするとちょっと受け取るのが後になったということです。 これはけっこうな差になろうかと思います。60歳と65歳では大違いであり、65歳に生きているのかどうか、日本人の平均寿命からすればもう亡くなってしまっていることもありえます。亡くなったら、年金は1円も貰えません。 逆に80歳、85歳と生き続けることができたなら、生きているうちはずっと貰えるのが年金です。 年金制度は持ちつ持たれつであって、相対的であるから必ずしも納付金が返るわけではありません。


おすすめのサイトをご紹介しています!

・生命保険会社の見直し相談まとめ・・・生命保険はどれもこれも複雑ですしキャンペーン内容も頻繁に変わります。元保険会社スタッフが記事を書いている保険の見直し相談サイトです。

おすすめPICK UP!!
人気の保険会社一覧
保険のマメ知識
マネーの知識
リンク集
サイト情報
Copyright (C) 口コミでも人気の学資保険ランキング比較. All rights reserved